紅茶のおいしいいれ方

リーフティー

リーフティーをいれることは、決して難しくはありません。
「ゴールデンルール」と呼ばれるいくつかのポイントさえおぼえれば、気軽においしい紅茶を楽しめます。

リーフティーのいれ方1

1. ポットとカップはあらかじめ湯通しして温めておきます。

リーフティーのいれ方2

2. 杯数分の茶葉を温めたポットに入れます。

1杯分の茶葉の量は2.5〜3g。細かい茶葉はティースプーン中盛り1杯、大きな茶葉は大盛り1杯が目安です。

リーフティーのいれ方3

3. 沸騰したての熱湯を注いでフタをします。

汲みたての空気をたくさん含んだ水道水を沸騰させて、10円玉位の泡が勢いよく出ている状態のものを使います。
1杯分の湯量は150〜160mlが目安です。

リーフティーのいれ方4

4. 時間をはかり、茶葉をしっかり蒸らします。

蒸らし時間は細かい茶葉で2分半〜3分、大きな茶葉は3〜4分が目安です。

リーフティーのいれ方5

5. ポットの中をスプーンでひとかきして、茶こしでこしながらお茶の濃さが均一になるようカップに注ぎ分けます。

「ゴールデン・ドロップ」と呼ばれる最後の一滴まで注ぎましょう。