紅茶のマメ知識

紅茶健康情報

長い間、世界中で飲まれ続けてきたお茶。昔は薬として用いられていたともいわれています。お茶は健康によさそうだ…と、緑茶や紅茶などのお茶の研究が進められてきました。紅茶には、紅茶ポリフェノールやカフェインなど健康に役立つ成分が含まれ、世界的にも様々な研究が発表されています。当社も、緑茶や紅茶の機能性に関する研究に長年取り組み、様々な機能性を明らかにしてきました。今後も、皆様に役立つ新しい発見をお知らせできるよう、研究を続けていきます。

ここでは、紅茶の代表的な健康情報をご紹介します。紅茶は健康にも役立つ飲み物ではありますが、薬ではありません。香りを楽しみながらおいしく味わうことで、リラックス効果ももたらしてくれます。おいしく楽しく紅茶を味わう…そんな紅茶の楽しみ方が心身を健康に導いてくれることでしょう。

紅茶ポリフェノール

心疾患や脳疾患などの様々な生活習慣病の予防が期待できます。

●血中コレステロール上昇抑制作用

コレステロールの排泄を促す。

●血小板の凝集抑制作用

血液をかたまりにくくし、血栓の防止につながる。

●血圧上昇抑制作用

血管収縮による血圧上昇を防ぐ。

●血糖値上昇抑制作用

消化酵素の活性を抑制することにより、血中へのぶどう糖の吸収を抑制する。

●抗酸化作用

活性酸素を不活性化させ、老化防止につながる。

●抗ウイルス作用

インフルエンザウイルスに取りつき感染力を奪う。こまめに飲むことが大切。ミルクは加えないように。

●抗菌作用

O-157など食中毒菌に対する抗菌作用。

●抗う蝕作用

虫歯菌に対する抗菌作用と虫歯菌が産生する歯垢形成酵素を阻害する作用の二重効果がある。

●消臭作用

においの原因物質を吸着。食後の口臭防止やシックハウス症候群の原因ホルムアルデヒドの吸着効果も。

カフェイン

●疲労回復

大脳の中枢神経に作用し、疲労を癒す。

●利尿作用

体内の老廃物を排出する。

●強心作用

血液循環や新陳代謝を活発にする。

●消化促進

胃液の分泌をよくし、消化を促す。

●脂肪燃焼

運動前に摂取すると、グリコーゲンより先に脂肪を燃焼する。