日東紅茶の歴史

日東紅茶の歴史
  • 1909年〜1945年
  • 1946年〜1970年
  • 1971年〜

1971年(昭和46年)

紅茶輸入自由化。

1977年(昭和52年)

日東紅茶 発売50周年。

1978年(昭和53年)

業務用ブランド「ホワイトノーブル」を発売。

1982年(昭和57年)

世界商品品質審査機関「モンド・セレクション」において「日東紅茶フレバリーティー」が紅茶では世界初の金賞を受賞。

1983年(昭和58年)

静岡県藤枝市茶町に食品総合研究所を開設、バイオテクノロジーの分野へ。

1987年(昭和62年)

インドネシア・スラウェシ島に直営茶園を開園。
これを記念して第1回NITTOHバリマラソンを開催。

山梨県須玉に須玉工場を開設。

1991年(平成3年)

「デイリークラブ」発売。

1992年(平成4年)

世界最高値ダージリン紅茶「ワールドレコードプライス」を発売。

1996年(平成8年)

静岡県藤枝市宮原に宮原工場を開設、食品総合研究所を移転。

2006年(平成18年)

広島県東広島市に広島工場を開設。

2010年(平成22年)

静岡県藤枝市宮原に藤枝工場を移転、宮原工場と統合。

1946年〜1970年