ちゃたろうの森

工場見学

工場見学

ティーバッグの作りかた、いっしょに見に行こう!

1

鑑定・厳選

  • 茶葉のサンプル

    茶葉のサンプル

    紅茶は、主に原産国で開かれるオークションで買い付けます。どの紅茶を買い付けるか決めるため、オークションの前に茶葉のサンプルを取り寄せ、ティーテイスターと呼ばれる紅茶の鑑定士が鑑定・厳選しています。

  • ティーテイスターによる鑑定

    ティーテイスターによる鑑定

    ティーテイスターは週に500〜1,000点ものサンプルを鑑定し、茶葉の見た目や、熱湯でいれたときの香り、味などを1点1点ていねいに確かめます。

鑑定の4つのポイント

ポイント1  外観・茶殻
よく撚れているか、形が揃っているか、チップがあるか、発酵具合が均一かなど。
◆チップ・・・茶葉の芯芽の部分。
ポイント2 香り
その産地の特徴である香りがしっかりしているか、変なにおいがないかなど。
ポイント3 水色(すいしょく)
その産地の特徴である色がしっかり出ているか、黒ずんでいないか、にごりがないかなど。
◆水色・・・熱湯でいれた紅茶の抽出液の色。「すいしょく」と読む。
ポイント4 味
渋み、滋味、コク、苦みなど。

2

買い付け

  • オークション会場

    オークション会場

    ティーテイスターが鑑定・厳選した紅茶を原産国のオークションなどで買い付けます。
    買い付けには紅茶の品質と価値を見極める力や、生産者との信頼関係が大切で、たくさんの経験が必要です。

3

輸入

  • 船で到着

    船で到着

    買い付けされた紅茶は、主に船で直接日本へ輸入されます。
    原産国で船に積まれてから日本の工場へ運ばれるまで、1ヶ月位かかります。

4

再鑑定・品質確認

  • 棚に並ぶサンプル缶

    棚に並ぶサンプル缶

    輸入した紅茶のサンプルを取ります。
    それをティーテイスターが再び鑑定し、味や香りなどの品質を確認します。

5

ブレンド処方作成

  • 様々な紅茶をブレンド

    様々な紅茶をブレンド

    紅茶はもともと農産物なので、採れる時期や場所によって、味や香りなどが違います。
    そこで、品質に差が出ないよう、様々な特徴を持つ紅茶を組み合わせ、ブレンドしています。
    製品の品質がいつも同じになるように、ティーテイスターがブレンドの割合を慎重に決めて「ブレンド処方」を作ります。

6

ブレンド

  • ブレンダー

    ブレンダー

    ティーテイスターの処方をもとに、紅茶をブレンドします。
    いつも飲まれている「デイリークラブ」も、10〜20種類の紅茶を組み合わせてブレンドしています。
    ブレンダーの中は、大量の茶葉が均一に混ざるように回転しています。

7

品質検査

  • 品質検査中

    品質検査中

    ブレンドした紅茶をティーテイスターが鑑定して、味や香りなどの品質を確認します。
    同時に、品質管理の担当者が紅茶に含まれる成分などの品質を検査します。

8

ティーバッグ製造

  • いよいよティーバッグが作られるよ。まずは、実際に動いているところを見てみよう!

  • う〜ん、速すぎてよくわからないよね。
    じゃあ、ひとつひとつの動きをアニメーションで見ていこう。

9

包装・製品化

  • 包装されるティーバッグ

    できあがったティーバッグを箱などに詰めます。ここでやっとお店に並んでいる姿になります。
    この工程では、たくさんの測定機器によって、正しい量や重さになっているかなどを管理しています。
    様々なチェックを受けて品質を確認されたものだけが製品となり、段ボール箱に詰められます。

10

出荷

  • トラックに積まれる製品

    トラックに積まれる製品

    倉庫に保管された製品は、全国から来る注文に応じて、トラックに積まれて出荷されます。
    そして、スーパーやコンビニエンスストアなどのお店に並べられます。

こうやって、おいしいティーバッグが作られて、みんなのところへ届くんだよ。

作るのってたいへんなんだね〜。早速帰って飲んでみようっと。

◆ご利用のブラウザによっては動画が再生できない場合がございます。